性病セルフチェック 自宅で自分でできる性病検査について

自宅で自分でできる性病セルフチェックと性病検査です。

自宅で自分でできる性病検査はこちらです

性病の検査はできれば誰にも知られたくないですよね。 そんな方のための、自宅で自分でできる郵送の性病検査が人気になっています。 15時までの注文ならば当日中に発送してもらえます。配送の際も商品名など、中身はわからないように配慮されています。


性病検査 STDチェッカー

性病は早めの対処が重要です。早めの検査をおすすめします。

自宅でできるエイズ検査

初期症状が疑われる場合、エイズ検査を行う必要があります。早めの治療を行うためにも、性行為などで他の人に感染させるようなことがないためにも、必ず検査を受けることが不可欠となるのです。エイズ検査は保健所や病院で受けるのが一般的です。とくに保健所なら無料・匿名で検査を受けることができるので便利です。

しかし、検査を受けることそのものに抵抗を感じている人も多いもの。認知度が高まったとはいえいまだ世間の偏見が根強いというのも事実。周囲の目が気になってなかなか検査を受けることができないというケースも少なくないのです。

そんな場合に便利なのが自宅でできるエイズ検査です。これは性病検査の一環として受けることができるもので、郵送を利用して検査を行います。検体を郵送し、検査結果を受け取ることが可能です。病院に赴く必要は一切ありません。

自宅でできるエイズ検査の中でももっとも広く知られているのが「STDチェッカー」。これはHIV検査だけでも年間5万人もの人が利用しています。さらに性行為の内容などのチェック項目を選ぶことによって検査キットの種類を選択することも可能なため、非常に使いやすくなっています。ほかにもいくつかの自宅でできるエイズ検査の選択肢があります。

プライバシーを守りつつ、陽性かどうかをチェックすることができるこれらの性病キット。手軽にできるエイズ検査として大きな役割を果たしています。もしエイズ感染が気になっている場合にはまずこれを試してみるとよいのではないでしょうか。

 

性病検査の重要性と方法

性病に関する認識が高まっている時代です。HIVの感染が社会問題となっていることもあり、性病の危険性が指摘される機会も増えています。とくに恐ろしいのがピンポン感染。性病が発症していることに気づかない人が次々と他の人に感染させてしまい、被害が拡大してしまうことです。そうならないためにも一人一人が性病のリスクを把握し、性病検査を受けることが重要になってきます。

しかし、性病検査と言われてもどうやって受けたらいいかわからないという人が多いのも事実。基本的には病院で検査を受けることになります。たとえばクラジミアの場合は血液検査や尿検査、膣分泌物検査などが行われます。たいていの場合は尿検査で判明することが多いのが特徴です。

淋病の場合は男性は尿検査、女性の場合は膣分泌物検査で検査が行われます。

性器ヘルペスの場合は目視で判断できるケースが多いほか、血液検査や細胞の顕微鏡検査なども行われます。

そのほかガンジタ症やトリコモナス感染症では膣分泌液検査が実施されます。

病院で検査を受けることに抵抗を感じる人も多いでしょう。

医師の前で生殖器を見せることに対して恥ずかしさを感じることも。

しかし放置しておくとより深刻な状況に発展してしまうのが性病です。逆に早めに治療をすればすぐに完治することもできます。気になる症状が見られた場合には恥ずかしがらず、早めに性病検査を受けるようにしたいものです。そのためにも性病の恐ろしさや性病検査の重要性を日ごろから把握しておくことが大事になるでしょう。
 

非クラミジア性非淋菌性尿道炎

非クラミジア性非淋菌性尿道炎はマイコプラズマ、ウレアプラズマ、ブドウ球菌など様々な病原菌が原因でおこる病気です。症状としては性器クラミジア感染症とほとんど同じで、軽くすむ場合もあります。通常、病院等で行われる検査によって検出することが難しい病気で、まだ解明されていない部分も非常に多い病気です。

性行為によって感染するとされていますが、実際不透明な部分が多いようです。しかし、淋病やトリコモナス、エイズなどとともに、増加傾向にある性病です。自由なセックスがもてはやされ、不特定多数の相手と性行為を行うようになった日本でも、かなり多くの感染が報告されています。特に、若い世代の感染が増加傾向にあるので、十分に注意が必要です。

梅毒

昔、梅毒にかかるともう助かる見込みがない・・・不治の病だといわれ、人々から恐れられていました。しかしその後、ペニシリンが発見され、梅毒は不治の病ではなく、早期治療を開始することで完治ができる病気となりました。

梅毒の場合、3週間、3ヶ月、3年という形で症状が変化していきます。トレポネーマという病原菌の感染による病気で、皮膚や粘膜の小さい傷から感染し、血液で全身にひろがっていきます。性行為の中でもアナルセックスによる感染が多いと言われています。口に梅毒の病変部分があれば、唇が触れることで感染することもあります。昔は母子感染による先天梅毒がありましたが現在は妊婦健診で発見、治療が行われるので報告はほとんどありません。

クラミジア

クラミジアは性行為によって感染します。主に性器への感染が多いのですが、オーラルセックスを行った場合、咽頭への感染もおこります。咽頭への感染は最近すごく多くなっています。女性が男性に対してオーラルセックスを行った場合、男性の性器から女性の咽頭に感染するという可能性があり、また、女性の咽頭から男性の性器に感染するということも考えられます。

クラミジア感染による咽頭炎、また慢性の扁桃腺炎などになってしまうこともあります。クラミジアが咽頭に感染した場合、喉がはれ、痛みがあり、発熱があります。風邪?と間違ってしまう方も多いようです。ただ、クラミジアに感染しても症状がでないこともあり、知らないうちにパートナーに感染させているということも多くなっています。

性病セルフチェック 自宅で自分でできる性病検査カテゴリー項目一覧

性病セルフチェック

性病名一覧

女性の症状

男性の症状

性病の話題

カテゴリー
更新履歴
自宅でできるエイズ検査
性病検査の重要性と方法
非クラミジア性非淋菌性尿道炎
梅毒
クラミジア
問い合わせ
問い合わせ


郵送でできる性病検査STDチェッカーはこんな感じ